歯科で歯石の除去やブラッシング指導を受け歯の健康を取り戻そう

医療器具

歯の痛みと炎症の改善方法

医者

歯の中には神経や血管があり虫歯になると痛みを感じる様になっています。虫歯の進行具合によっては根管治療を行う必要おあります。根管治療と言うのは歯の内部の感染部分を削り神経の除去を行う手術になります。虫歯の進行具合によっては神経が死んでいる場合もありその時には神経の除去が必要になります。一度炎症が起きた歯の神経は回復する事が少ない事から根管治療では感染部分と一緒に神経の除去を行っています。削って部分を綺麗かつ慎重に消毒した後には薬を詰めて歯の隙間を埋めていきます。この時に細菌が残っていると虫歯の再発や腫れを引き起こすので注意が必要です。

根管治療の最中に歯茎や口内が腫れて驚く人も居るでしょう。しかし根管治療にはよく起こる現象なので心配はありません。歯の根元は顎の骨に繋がっており、体に繋がっています。その為、根管治療で歯を治療すると体の免疫が反応して腫れを引き起こすのです。これは体の免疫が正しい反応を起こした結果なので治療が終われば自然と腫れもおさまってきます。もしも治療後に腫れや痛みが引かない場合は医師に相談してレントゲンを撮ってもうらなど適切な対処を行ってもらいましょう。

根管治療は歯の根元が残っている場合に行える手術になります。その為歯の根元が溶けている状態では根管治療を行う事は難しいでしょう。歯の根元が溶けている場合は内部からの治療では無く、外部の歯肉を切開して感染部分の除去を行う手術をして健康な口腔内にします。